1. ホーム
  2. 手汗コラム
  3. ≫冬に手汗が出る理由とは?自律神経の乱れや冷え性が関係してる?

冬に手汗が出る理由とは?自律神経の乱れや冷え性が関係してる?

暑い夏に汗をかくのは当然のことですが、寒い冬にも汗をかく人がいます。本来、体温を調節するためにかくのが正常な汗ですが、気温に関係なくかく汗は異常な汗と言えます。

寒くても汗がでるほとんどの原因は、緊張によるものと自律神経の乱れの二つです。

冬の手汗を止めるには原因を知ることが大事

寒いのに手汗をかいてしまうのは、その汗が体温調節による発汗ではないからです。

手掌多汗症などで手汗がひどい場合の原因のほとんどが、暑さや寒さには関係なく緊張や不安などのストレスで交感神経が活発となり、多量発汗してしまうようです。

寒くても汗をかいてしまい、その汗がなかなか止まらないのは自律神経のバランスが崩れているからかも知れません。

自律神経のバランスが崩れると、発汗をコントロールする交感神経の機能が乱れ、汗の量の調節や体温の調節が上手くできなくなってしまいます。

他にも手汗をかく原因はあるの?

例えば血圧が低い人や冷え性の人、体がほてりやすい人なども汗をかきやすい人です。また肥満気味の人は普段から運動不足の人が多く、少し動いただけで多量の汗をかく人がいます。

女性が寒くても汗をかく場合は、ホルモンのバランスが乱れていることが原因であることが多く、女性ホルモンが減少し自律神経が正常に働かなくなると血液の流れも悪くなります。

結果的に新陳代謝が悪くなり発汗や体温の調節がうまくいかず、気温に関係なく汗をかいてしまうのです。

自律神経を整えましょう。

手のひらには人体の温度センサーがあるので、手のひらを冷やすと脳に寒いという情報が届き、褐色脂肪細胞が働きます。

手のひらで保冷剤を持ったり、水を入れて凍ったままのペットボトルを手で握るなどをくり返すと寒冷を感じる温度センサーが働き、自律神経を整えることができます。

また別の方法では食事の前にさ湯を飲むことでも基礎代謝を上げられます。さらに肝臓の付近(肝臓の位置は右の鋤骨の下あたり)をカイロなどで温めるのもとても効果的です。

代謝が良くなる入浴方法

①首の後ろに熱めのお湯のシャワーと冷たい水のシャワーを交互にかけます。

②頭のてっぺん(百会)の部分に熱めのシャワーをかけます。

③熱いお湯につかっては冷たい水のシャワーを浴び、再び熱いお湯につかるのを交互にくり返すことによって、自律神経の乱れを改善できます。

寒くても汗が出るのは、血の巡りが悪いからです。

運動不足を解消し、新陳代謝が良くなる入浴法などを取り入れてみてはどうでしょうか。

また、何の前ぶれもなく顔や胸、足の裏などに油汗が出る時には脳卒中や狭心症、腸閉そくなどの病気の可能性もあります。そういった場合にはすぐに病院に行った方がいいです。

汗にもいろいろな汗があります。体調に気を配り健やかな汗を流す日々を送りましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。