1. ホーム
  2. 手汗コラム
  3. ≫手汗がひどい方は「局所多汗症」という病気かもしれません!

手汗がひどい方は「局所多汗症」という病気かもしれません!

局所多汗症とは手のひら、足の裏、頭部などに局所的にたくさん汗をかく病気です。また暑いわけでもないのに多量の汗が出たり、緊張しているわけでもないのに、汗が止まらないなどの症状が続きます。

この様な症状は、身体機能の失調が原因で引き起こされる病的な発汗です。

局所多汗症について

多汗症には全身から汗が出る「全身多汗症」「局所多汗症」がありますが、局所多汗症とは体の特定の部分(手のひら、足の裏、脇の下、顔、頭など)に多量の汗をかく病気です。

多汗症患者の9割がこの局所多汗症と言われています。

局所多汗症は交感神経の反応が過敏な人に発症しやすいことが分かっていますが、まだはっきりとした原因は解明されていません。

局所多汗症には次の様な多汗症があり、1か所だけでなく2か所3か所と同時に症状が現われる場合があります。

<手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)>

おもに手のひらから発汗します。多汗症の中で最も多くみられるケースです。症状が重い場合は、手のひらからしたたり落ちるほどの汗をかきます。

<足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)>

おもに足の裏から発汗します。汗が靴下でぬれたり、廊下を歩くと汗で足跡がつくほど多量に汗をかきます。

<腋窩多汗症(えきかたかんしょう)>

脇の下から発汗します。(匂いの強いワキガとは違います)

<頭部多汗症(とうぶたかんしょう)>

常に髪の毛が湿っていたり、ひどくなると頭から常にしたたり落ちるほど発汗します。

<顔面多汗症(がんめんたかんしょう)>

顔から汗が、ぽたぽた落ちるほど発汗します。

全身多汗症について

全身多汗症は、生まれつきの体質によっておこることもありますが、他の病気が原因で多量の汗をかくこともあります。多汗の裏に隠れた病気に注意しましょう。

  • バセドー病(甲状腺機能亢進症):ホルモン異常の病気で大量の汗をかいてしまいます。
  • 白血病:寝汗を多量にかきます。
  • 自律神経失調症:多量の汗をかくだけでなく、めまいや震えなどの症状や情緒が不安定になることがあります。
  • 糖尿病:多汗の症状が現れます。
  • 更年期障害:ホットフラッシュという症状がありますが、この時に顔や首筋、胸などから発汗します。

多汗という症状の中にも、様々な病気が隠れている場合もあります。多汗症状が長引くようなら1度病院での受診されることをおすすめします。たいていの場合は皮膚科で対応してもらえますが、内科や形成外科で診療するケースもみられます。

具体的には段階を追って薬、注射、手術となります。いきなり手術を勧められることはないようです。