1. ホーム
  2. 手汗コラム
  3. ≫手汗が改善する食べ物とは?自分の食生活を見直してみましょう!

手汗が改善する食べ物とは?自分の食生活を見直してみましょう!

手汗や多汗症の治療には様々な方法がありますが、中には副作用が伴うものもあります。本格的な治療にとりかかる前に、まずは日々の生活習慣を見直してみましょう。

特に食生活がおろそかになっていると、血の巡りも悪くなり自律神経も狂ってきます。食べ過ぎをやめ、甘いものを控えるだけでも手汗や多汗症を改善できるのです。

手汗を改善する食材

手汗の原因は様々ですが、ホルモンのバランスの乱れによる多汗は「大豆製品」を摂ることでずい分改善できるようです。

大豆には女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが含まれていますが、のぼせや発汗を抑える効果だけでなく、免疫力を上げる働きがあります。

昔から大豆は「畑の肉」といわれ貴重なたんぱく質とされてきました。肉でたんぱく質を取るとどうしてもエネルギー過多となり、多汗の原因となりかねません。

まずは毎日の食事に納豆やとうふ、あげ、豆乳などの大豆製品を取り入れて食事作りをしましょう。

またアルカリ性の食材を取ることもおすすめです。アルカリ性の食材は、梅干し、海草類、キノコ類、バナナなどです。これらの食品は、汗をサラサラにする効果があると言われています。

自律神経のバランスを整えるという意味では、ザクロ、アボカド、大葉、もやしなども良いです。また、カリウムを多く含むトマト、ゴーヤ、キュウリ、ナスなどの食材を取ると、体内に余分な熱がこもらないといいます。

結論、大豆製品を中心に上記にあげた食材を少しづつ食事に取り入れてみましょう。

手汗を悪化させる食品

唐辛子やニンニクたっぷりのキムチや韓国料理、香辛料を使ったカレーなどを食べて発汗がひどくなる状態を「味覚性多汗症」と言います。食事が引き金となってなかなか汗が止まらないことがあるので、控える方が良いでしょう。

また動物性脂肪はほどほどにした方がいいです。なぜならお肉は体温を上げ、汗をかきやすい状態にします。たんぱく質は肉を中心に取るよりは、魚や大豆製品も取り入れて、バランスよくたんぱく質を摂取するようにしましょう。

その他に避けたい食品は、チーズ、バター、生クリーム、チョコレートなどです。

手汗が改善する食べ物まとめ

手汗や多汗症は思春期あたりに発症し、25歳くらいから徐々に症状が落ち着き、年齢が上がるにつけて治っていくと言われます。

それは年齢が上がると新陳代謝が衰えて、汗自体をかきにくくなるからです。ある意味、汗をたくさんかくことは若い証拠なのかも知れませんね。

制汗力のある食材は美容と健康にも良い食材です。上手に取り入れた食事を心掛けることで多汗症が改善されるだけでなく、元気で美しくなれることでしょう。