1. ホーム
  2. 手汗制汗剤比較
  3. ≫手汗制汗剤【フレナーラとAHCフォルテ】敏感肌にはどっちがおすすめ?

手汗制汗剤【フレナーラとAHCフォルテ】敏感肌にはどっちがおすすめ?

このページでは手汗制汗剤として有名な「フレナーラ」「AHCフォルテ」を徹底比較していきます。

デザインから始まり手汗への効果までを比較して、最終的にどちらが「敏感肌の方におすすめできるか」を発表します。

比較項目によっては当サイトの独断と偏見が入ってきますが、参考にして頂ければ幸いです。

それではじっくりとご覧ください!

手汗制汗剤「フレナーラ」と「AHCフォルテ」徹底比較!

デザインはどっちがいい?

初めは比較が簡単な「デザイン」から見ていきましょう。

見た目の判断になりますので見る人によって左右しますが、外出先で使う場合には重要な要素ですよね。

【フレナーラ】
手汗制汗剤「フレナーラ」

【AHCフォルテ】
AHCフォルテ

見た目的な判断なのでサクッといきます。

<デザインを比較した結果>
「フレナーラ」の勝利です。

サイズ的にはどちらも持ち運びやすいと思いますが、AHCフォルテのデザインは薬品にしか見えません。それと比べてフレナーラのデザインなら周りの目が気になることはないと言えるでしょう。

価格はどっちが安いの?

続いては価格の比較です。中長期的に使っていく商品なので、かなりシビアに見ていきたいと思います。

AHCフォルテには定期コースがないので、フレナーラの定期コース(4ヶ月)に合わせて注文した場合の「1本あたりの価格」で比較させて頂きます。

それでは比較していきましょう。

【フレナーラ】
フレナーラの場合、4ヶ月の手汗集中ケアコースです。

このコースでは4ヶ月間ずっと40%オフの5,100円+送料0円で5,100円(税別)となります。

合計すると5,100円×4ヶ月で20,400円。よって1本あたり5,100円です。

【AHCフォルテ】
AHCフォルテには定期コースはなく、セット割引のみです。

2本セットの価格が7,560円+送料1,000円で8,560円(税別)となります。3ヶ月目、4ヶ月もセットで購入するとして8,560円。

合計すると8,560円+8,560円で17,120円。よって1本あたり4,280円です。

<価格比較の結果>
「AHCフォルテ」の勝利です。

肌への優しさ

続いての比較は「肌への優しさ」です。

主成分やタイプなどから、どちらが「肌荒れのリスクが低いか」を見ていきます。敏感肌の方が1番重視するポイントだと言えるでしょう。

【フレナーラ】

  • 製造元:日本
  • タイプ:ジェルクリーム
  • 主成分:クロルヒドロキシアルミニウム

フレナーラの主成分は「クロルヒドロキシアルミニウム」です。この成分は一般的な制汗剤に使われている「塩化アルミニウム」と比べて格段に肌に優しい成分です。肌への刺激が弱く、よほどのことがない限り肌荒れを起こすことはありません。(もちろん制汗効果はありながら)

ただフレナーラの場合、ジェルクリームタイプを採用しているので「界面活性剤」という制汗成分とは関係ない不純物が入っていることになります。界面活性剤は油と水を混ぜ合わせる為の成分で、これが入っていると肌荒れや痒みが発生するリスクが少し上がります。

【AHCフォルテ】

  • 製造元:スイス
  • タイプ:ローション
  • 主成分:塩化アルミニウム

AHCフォルテの主成分は「塩化アルミニウム」です。この成分は肌への刺激が強く、肌荒れや痒みのリスクが高くなります。もちろん濃度によってリスクの大きさは変わりますが、AHCフォルテの場合、濃度の表記がないので未知数です。

また、これとは別に「フェノキシエタノール」という防腐剤も入っています。これは商品自体の腐敗を抑制する成分で制汗とは関係ありません。こういった余計な物(不純物)が入っていると、さらに肌荒れのリスクが高まります。

<肌への優しさ比較結果>
フレナーラの圧勝です。

フレナーラの弱点は「界面活性剤」(不純物)が入ってしまった点だけです。逆に言えば不純物が1つ入っている程度なので、肌荒れのリスクは極力引く商品と言えるでしょう。

⇨肌に優しいフレナーラを見てみる

サポート対応力・返金保障はどっちがいいの?

続いての比較はサポート対応力と返金保障です。

【フレナーラ】

  • サポートダイヤルあり(平日10時から18時)
  • 90日の返金保障付き(定期コースのみ)

まずサポートダイヤルですが、実際に電話をしてみたところワンコールで繋がりました。対応も丁寧でしっかり機能しています。

次に返金保障に関してですが返金可能な期間は90日です。返金時には振込み手数料250円と送料600円のみ負担することになるので注意しましょう。

返金申請時に「明細書」「商品の容器」「商品の箱」の3つが必要になりますので、90日間はしっかり保管しておく必要があります。

【AHCフォルテ】

  • サポートダイヤルなし
  • 返金保障なし

返金保障やサポートダイヤルは準備されておらず、基本的には購入者の自己責任となります。公式ページにお問い合わせフォームが準備されているので、疑問に思うことは購入前に確認しておいた方がいいです。

<サポート対応力・返金保障を比較した結果>
「フレナーラ」の圧勝です。

サポート体制が充実しているからと言って「安全」とは言い切れませんが、全くないよりはあった方が「安心」できると思います。万が一肌荒れを起こした場合に「自己責任です。」の一言で片付けられるのは厳しすぎる対応です。

⇨90日の返金保障が付くフレナーラ

宅配スピードはどっちが早いの?

続いての比較は商品が手元に届くまでの時間です。

【フレナーラ】

月曜日の深夜0時頃に注文して、手元に届いたのが水曜日の午前中。時間にして2日半です。

 

【AHCフォルテ】

月曜日の深夜0時頃に注文して、手元に届いたのが10日後の水曜日でした。時間にして10日です。

 

<宅配スピードを比較した結果>
フレナーラの圧勝です。

AHCフォルテに限らず、海外製の商品は手元に届くまでに時間が掛かります。やはり手汗を改善しようという「熱」があるうちに届くのと、忘れた頃に届くのとでは使うときのモチベーションが全然違ってくると思います。

手汗への効果

続いての比較は「手汗」への効果です。

これは相当重要なポイントになりますので、しっかりご覧ください。

【フレナーラ】
フレナーラは手汗専用の制汗剤です。

汗線の中の「エクリン腺」に作用するように作られているので、根本的な手汗の改善が目指せる商品です。

ジェルクリームタイプなので「持続力」に優れており、1日に3回程度使用すれば十分な効果を実感できます。逆にジェルクリームの欠点は「即効性」です。手のひらにしっかり浸透させる必要があるので、前日の寝る前から仕込んでおく必要があります。

1日3回継続して使用することにより、効果の持続時間が延びていき、最終的には手汗を改善できるイメージです。

【AHCフォルテ】
AHCフォルテは手汗足汗用の制汗剤です。

汗の量を抑える働きがある「塩化アルミニウム」が入っているので、手汗の効果はあると言えるでしょう。ただし濃度が表記されていないので強さはわかりません。

ローションタイプなので「持続力」が優れていますが、使用後にしっかり乾かす必要があるので外出先では使えません。肌荒れなどが起きなければ一定の効果は期待できる商品です。

<手汗への効果を比較した結果>
当サイトとしては「フレナーラ」の勝利とさせて頂きます。

どちらの商品も手汗への効果はあると言えますが、フレナーラは手汗専用なので最終的に改善まで目指せる商品です。逆にAHCフォルテは足汗と手汗の割合が6:4ぐらいの印象です。

⇨手汗改善に特化したフレナーラ

【最終結果】敏感肌にはこれがおすすめ!

まずはここまでご覧頂きありがとうございました。

6項目で比較してきましたが、最終結果を発表して締め括りたいと思います。

最終的に当サイトとしておすすめなのは、





「フレナーラ」です!!

肌荒れのリスクやサポート体制から考えても断然「フレナーラ」の方がおすすめです。

値段ではAHCフォルテの方が安いですが、最終的な目的が「肌荒れなく手汗を改善すること」であれば、わざわざこの商品を選ぶ価値はないと思います。(それでもAHCフォルテが買いたい場合は他のサイトへどうぞ。)

多少高くてもそれ以上の効果や安全性を期待するなら間違いなく「フレナーラ」です。

⇨価格以上の価値があるフレナーラを購入

⇨敏感肌でも使える手汗制汗剤ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。