1. ホーム
  2. 手汗制汗剤比較
  3. ≫手汗制汗剤【ファリネとデトランスα】敏感肌にはどっちがおすすめ?

手汗制汗剤【ファリネとデトランスα】敏感肌にはどっちがおすすめ?

このページでは手汗制汗剤として有名な「ファリネ」「デトランスα」を徹底比較していきます。

デザインから始まり手汗への効果までを比較して、最終的にどちらが「敏感肌の方におすすめできるか」を発表します。

比較項目によっては当サイトの独断と偏見が入ってきますが、参考にして頂ければ幸いです。

それではじっくりとご覧ください!

手汗制汗剤「ファリネ」と「デトランスα」徹底比較!

デザインはどっちがいい?

初めは比較が簡単な「デザイン」から見ていきましょう。

見た目の判断になりますので見る人によって左右しますが、外出先で使う場合には重要な要素ですよね。

【ファリネ】
farine

【デトランスα】
デトランスα

これはさすがに簡単ですね。
<デザインを比較した結果>
当サイトとしては「ファリネ」の勝利とさせて頂きます。

ファリネがデザイン的におしゃれなのはご存知の通りですが、デトランスαのデザインは正直ダサすぎです。

肩こりに使う薬のようなデザインで、サイズも大きいので外出先で使うにはかなり抵抗があります。基本的に家で使うことを前提としたデザインですが、部屋でも隠しておきたいぐらい残念なデザインだと思います。

価格はどっちが安いの?

続いては価格の比較です。中長期的に使っていく商品なので、かなりシビアに見ていきたいと思います。

デトランスαには定期コースがないのでファリネの定期コース期間(3ヶ月)に合わせて注文した場合の「1本あたりの価格」で比較させて頂きます。

それでは比較していきましょう。

【ファリネ】
初回は70%オフの2,667円+送料0円で2,667円(税別)となります。2ヶ月目、3ヶ月目は6,800円+送料0円です。

合計すると2,667円+13,600円で16,267円。よって1本あたり5,422円です。

【デトランスα】
デトランスαの場合、初回のみ40%オフの2,900円+梱包料600円で3,500円(税別)となります。2ヶ月目、3ヶ月目は4,800円+梱包料600円で5,400円です。

合計すると3,500円+10,800円で14,300円。よって1本あたり4,766円です。

<価格比較の結果>
「デトランスα」の勝利です。

肌への優しさ

続いての比較は「肌への優しさ」です。

主成分やタイプなどから、どちらが「肌荒れのリスクが低いか」を見ていきます。敏感肌の方が1番重視するポイントだと言えるでしょう。

【ファリネ】

  • 製造元:日本
  • タイプ:超微粒子パウダー
  • 主成分:クロルヒドロキシアルミニウム

ファリネの主成分には「クロルヒドロキシアルミニウム」という成分が使われています。これは汗の「量」を減らす働きがある成分です。一般的な制汗剤に使われている「塩化アルミニウム」と比べても低刺激で、敏感肌の方でも安心して使える成分です。(もちろん制汗効果は同レベルです)

ファリネはパウダータイプを採用している点でも優れいています。なぜならクリームタイプやローションタイプだと「界面活性剤」という不純物が入っており、肌荒れや痒みのリスクが高くなるのです。

知らない人からするとタイプの違いなんて関係ないと思われるかもしれませんが、そういった点でも細かい配慮ができているのがファリネです。

【デトランスα】

  • 製造元:デンマーク
  • タイプ:ローション
  • 主成分:塩化アルミニウム

デトランスαの主成分には「高濃度の塩化アルミニウム」が使われています。先ほど説明した通りこの成分は汗の「量」を抑える成分です。問題なのは一般的な病院が処方する薬よりも濃度が濃い点です。

塩化アルミニウムはただでさえ肌荒れや痒みを引き起こしやすいと言われています。それを高濃度で配合しているので、肌が弱い方や普通肌の方が使用した場合の肌荒れのリスクは格段に高いです。

加えてデトランスαはローションタイプを採用しているので、「界面活性剤」が入っている点でも肌荒れや痒みが発生するリスクが多少上がります。

<肌への優しさ比較結果>
ファリネの圧勝です。

肌へ配慮して作られたファリネに対して、デトランスαは敏感肌向けの商品でないことが浮き彫りになってしまいました。

⇨敏感肌でも使えるファリネを購入

サポート対応力・返金保障はどっちがいいの?

続いての比較はサポート対応力と返金保障です。

今回の場合デトランスαにはサポートダイヤルがないので、内容のみの比較となります。

【ファリネ】

  • サポートダイヤル有り(平日9時から21時)
  • 90日の返金保障付き(定期コースのみ)

ファリネのサポートダイヤルは、注文用のダイヤルとサポートダイヤルが分かれているので、回線が混雑しにくく、電話が繋がらないという心配はいりません。

返金保障に関しては返金可能な期間が90日です。返金時には振込み手数料250円と送料600円のみこちらが負担することになるので注意しましょう。

【デトランスα】

  • サポートダイヤルなし
  • 返金保障なし

デトランスαには返金システムはもちろん、サポートダイヤルすらありません。肌荒れなどのトラブルがあっても、すべて購入者の責任になりますので注意しましょう。

<サポート対応力・返金保障を比較した結果>
「ファリネ」の圧勝です。

正直、比較にならないぐらいの差があったと言えるでしょう。もちろんサポート自体は使わずにすめば一番いいことですが、万が一何かがあったときにすぐ対応してもらえる安心感は必要だと思います。

肌荒れになっても「自己責任です」と言われるのは絶対に避けたいところです。

⇨サポートが充実しているファリネを購入

宅配スピードはどっちが早いの?

続いての比較は商品が手元に届くまでの時間です。

【ファリネ】

月曜日の深夜0時頃に注文して、手元に届いたのが水曜日の午前中でした。時間にして2日半です。

 

【デトランスα】

月曜日の深夜0時頃に注文して、手元に届いたのが11日後の木曜日でした。時間にして11日です。

 

<宅配スピードを比較した結果>
ファリネの圧勝です。

デトランスαがこれだけ時間が掛かった要因は、海外からの直輸入だからです。今回のケースがレアケースではなく、普通に10日前後掛かるようです。

せっかく注文しても商品自体がなかなか来ないというのは結構ストレスが溜まります。そういった意味でも日本製の製品は優れていると言えるでしょう。

手汗への効果

続いての比較は「手汗」への効果です。

これは相当重要なポイントになりますので、しっかりご覧ください。

【ファリネ】
ファリネは手汗に特化した制汗剤です。

手のひらの汗線の中でも、汗の量に影響がある「エクリン腺」に作用するように作られているので、根本的な手汗の改善が目指せる商品です。

パウダータイプなので「即効性」に優れており、使った直後からサラサラ感が実感できます。逆に「持続力」は少し弱いので、使いはじめは外出先でもこまめに使用する必要があります。

継続的に使用することで次第に手汗が気にならなくなっていき、最終的には手汗を改善できるイメージです。

【デトランスα】
デトランスαは手足用の制汗剤です。

こちらも汗線の中の「エクリン腺」に作用するように作られているので、根本的な手汗の改善が目指せる商品です。

ローションタイプなので「持続力」に優れています。ただし「即効性」はないので前日の夜から手に馴染ませておく必要があります。またローションの浸透に時間が掛かるので、出先ですぐに使えるタイプではありません。

しっかり手汗の改善が見込める商品ですが、制汗成分が濃いから効きが早いということはありません。その辺は注意してください。

<手汗への効果を比較した結果>
当サイトとしては「ファリネ」の勝利とさせて頂きます。

どちらも効果としてはありますが、無駄なく効果を発揮している点で「ファリネ」の方が優秀です。

例え話をすると、小さな切り傷に適度なサイズのバンドエイドを貼るのが「ファリネ」で、包帯ぐるぐる巻きにするのが「デトランスα」です。結果的に傷が治るのは間違いないですが、大げさにやっても治るのは早くならないという意味です。(分かりづらかったら無視してください。笑)

⇨効果もあって肌にも優しいファリネを購入

【最終結果】敏感肌にはこれがおすすめ!

まずはここまでご覧頂きありがとうございました。

6項目で比較してきましたが、最終結果を発表して締め括りたいと思います。

最終的に当サイトとしておすすめなのは、






「ファリネ」です!!

今回は「ファリネ」と「デトランスα」という有名な商品を比較してきましたが、敏感肌の人には断然「ファリネ」の方がおすすめです。

手汗の改善を目指しているのに肌荒れを起こしていては本末転倒なので、できるだけ安全で、かつ効果を実感できる商品をチョイスされた方がいいと思います。

⇨当サイト評価No1のファリネを購入

⇨敏感肌でも使える手汗制汗剤ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。