1. ホーム
  2. 手汗制汗剤比較
  3. ≫手汗制汗剤【ファリネとフレナーラ】敏感肌にはどっちがおすすめ?

手汗制汗剤【ファリネとフレナーラ】敏感肌にはどっちがおすすめ?

このページでは手汗制汗剤として有名な「ファリネ」「フレナーラ」を徹底比較していきます。

デザインから始まり手汗への効果までを比較して、最終的にどちらが「敏感肌の方におすすめできるか」を発表します。

比較項目によっては当サイトの独断と偏見が入ってきますが、参考にして頂ければ幸いです。

それではじっくりとご覧ください!

手汗制汗剤「ファリネ」と「フレナーラ」徹底比較!

デザインはどっちがいい?

初めは比較が簡単な「デザイン」から見ていきましょう。

見た目の判断になりますので見る人によって左右しますが、外出先で使う場合には重要な要素ですよね。

【ファリネ】
farine

【フレナーラ】
手汗制汗剤「フレナーラ」

これは・・・結構難しい。正直どちらも外で使う分には問題なさそうです。

ただここは徹底比較なので、甲乙をしっかりつけたいと思います。

<デザインを比較した結果>
当サイトとしては僅差で「ファリネ」の勝利とさせて頂きます!

理由としては化粧品(チークなど)に似ているので、化粧ポーチから自然に出せる点です。フレナーラもハンドクリームに似ていますが、サイズが少し大きいので化粧ポーチには入れずらいと言えるでしょう。

その場で使うというよりもトイレなどに移動して使う場合、化粧ポーチだけで持っていける点で「ファリネ」の方がいいと思いました。とは言え、かなりの僅差なので自分が使う場面によっては全然逆転できるレベルです。

価格はどっちが安いの?

続いては価格の比較です。中長期的に使っていく商品なので、かなりシビアに見ていきたいと思います。前提条件としては、1番短い定期コースで注文した場合の「1本あたりの価格」で比較させて頂きます。

それでは比較していきましょう。

【ファリネ】
ファリネの場合、3ヶ月の集中ケアコースです。

まず、初回は70%オフの2,667円+送料0円で2,667円(税別)となります。2ヶ月目、3ヶ月目は6,800円+送料0円です。

合計すると2,667円+13,600円で16,267円。よって1本あたり5,422円です。

【フレナーラ】
フレナーラの場合、4ヶ月の手汗集中ケアコースです。

このコースでは4ヶ月間ずっと40%オフの5,100円+送料0円で5,100円(税別)となります。

合計すると5,100円×4ヶ月で20,400円。よって1本あたり5,100円です。

<価格比較の結果>
「フレナーラ」の勝利です。

肌への優しさ

続いての比較は「肌への優しさ」です。

主成分やタイプなどから、どちらが「肌荒れのリスクが低いか」を見ていきます。敏感肌の方が1番重視するポイントだと言えるでしょう。

【ファリネ】

  • 製造元:日本
  • タイプ:超微粒子パウダー
  • 主成分:クロルヒドロキシアルミニウム

ファリネは超微粒子パウダータイプです。そんなの見たらわかるよって話ですが、みなさんパウダーの長所ご存知ですか?

クリームタイプやローションタイプにはない、パウダータイプの1番の特徴は「界面活性剤」が使われていない点です。

頭に「?」がついたと思いますので説明します。「界面活性剤」というのは油と水を混ぜるために使われる成分です。もっとわかりやすく言うならば、手汗の制汗に関係ない「不純物」ということです。

そして、この不純物が多いと肌荒れや痒みの原因となるのです。その点、パウダータイプの「ファリネ」は不純物が少なくて肌に優しい商品と言えるでしょう。

続いて気になるのは主成分で使われている「クロルヒドロキシアルミニウム」です。この成分は制汗剤でよく使われているものですが、結論からいうと「かなり優しい成分」です。

一般的な制汗剤はこの成分の代わりに「塩化アルミニウム」というものが使われていました。そしてこの塩化アルミニウムがなかなか刺激的な成分でして、腫れや痒みの原因となっているのが事実です。

それに比べて「クロルヒドロキシアルミニウム」は、肌への刺激が弱い制汗成分で、よほどのことがない限り肌荒れを起こすことはありません。(もちろん制汗効果もありながら)

【フレナーラ】

  • 製造元:日本
  • タイプ:ジェルクリーム
  • 主成分:クロルヒドロキシアルミニウム

見ての通り大きな違いはタイプだけです。そしてフレナーラはジェルクリームタイプを採用しているので「界面活性剤」という不純物が入っていることになります。

先ほど説明した通り、界面活性剤が入っている時点で肌荒れや痒みが発生するリスクが多少上がります。もちろん界面活性剤が入っていたら絶対肌に優しくないというわけではありませんが、入っていない方がいいのは言うまでもありません。

<肌への優しさ比較結果>
ファリネの勝利です。

大きな点ではほぼ差がない両者でしたが、タイプの違いで不純物が少ない「ファリネ」に軍配が上がりました。とは言え、どちらの商品も肌への優しさはかなり高い商品と言えます。

⇨肌への優しさNo1のファリネを購入

サポート対応力・返金保障はどっちがいいの?

続いての比較はサポート対応力と返金保障です。

今回の場合どちらもサポートダイヤルがあったので、実際に電話して対応を比較しました。

【ファリネ】

  • サポートダイヤル有り(平日9時から21時)
  • 90日の返金保障付き(定期コースのみ)

まずサポートダイヤルですが、実際に電話をしてみたところ10秒以内に繋がりました。対応自体もとても親切だったのでかなり安心できると思います。

またファリネの場合、注文用のダイヤルとサポートダイヤルが分かれているので、回線が混雑しにくいシステムになっています。

次に返金保障に関してですが返金可能な期間は90日です。返金時には振込み手数料250円と送料600円のみこちらが負担することになるので注意しましょう。

【フレナーラ】

  • サポートダイヤル有り(平日10時から18時)
  • 90日の返金保障付き(定期コースのみ)

まずサポートダイヤルですが、実際に電話をしてみたところワンコールで繋がりました。対応も丁寧でとても気持ちいい気分になれます。

フレナーラは注文用とサポート用のダイヤルが同じなので多少混雑する可能性はありますが、特に問題なく安心して使えると思います。

次に返金保障に関してですが返金可能な期間は90日です。こちらも返金時には振込み手数料250円と送料600円のみ負担することになるので注意しましょう。

加えて、フレナーラの場合「明細書」「商品の容器」「商品の箱」の3つが返金申請時に必要になりますので、90日間はしっかり保管しておく必要があります。

<サポート対応力・返金保障を比較した結果>
僅差で「ファリネ」の勝利とさせて頂きます。

正直どちらの商品もサポートや保障には力を入れているのが感じられましたが、フレナーラは返金申請時に「商品の箱」が必要になる点で少しだけマイナスです。

サポートダイヤルに繋がらないというような致命的な差ではないので、どちらの商品も安心度はかなり高いと言えるでしょう。

⇨サポートも完璧なファリネを購入

宅配スピードはどっちが早いの?

続いての比較は商品が手元に届くまでの時間です。

今回比較している商品はどちらも日本製なのでそこまで差が出ないと思いますが、一応比較してみました。
【ファリネ】

月曜日の深夜0時頃に注文して、手元に届いたのが水曜日の午前中。時間にして2日半です。

 

【フレナーラ】

月曜日の深夜0時頃に注文して、手元に届いたのが水曜日の午前中。時間にして2日半です。

 

<宅配スピードを比較した結果>
完全に同時に届くという面白くない結果になりました。ちなみにどちらも佐川急便です。

結果だけ見ると何の意味もない比較に思えるかもしれませんが、正直これだけ短時間で手元に届いたのはかなりすごいと思います。海外製の商品なら10日前後時間が掛かるので、それと比較すればどちらの商品も高評価です。

手汗への効果

続いての比較は「手汗」への効果です。

これは相当重要なポイントになりますので、しっかりご覧ください。

【ファリネ】
ファリネは手汗に特化した制汗剤です。

手のひらの汗線の中でも、汗の量に影響がある「エクリン腺」に作用するように作られているので、根本的な手汗の改善が目指せる商品です。

パウダータイプなので「即効性」に優れており、使った直後からサラサラ感が実感できます。逆にパウダータイプの欠点は「持続力」です。使いはじめは外出先でもこまめに使用することが必要になります。

使用を続けることで次第に手汗が気にならなくなっていき、最終的には手汗を改善できるイメージです。

【フレナーラ】
フレナーラも手汗専用の制汗剤です。

こちらも汗線の中の「エクリン腺」に作用するように作られているので、根本的な手汗の改善が目指せる商品です。

ジェルクリームタイプなので「持続力」に優れており、1日に3回程度使用すれば十分な効果を実感できます。逆にジェルクリームの欠点は「即効性」です。手のひらにしっかり浸透させる必要があるので、前日の寝る前から仕込んでおく必要があります。

1日3回継続して使用することにより、効果の持続時間が延びていき、最終的には手汗を改善できるイメージです。

<手汗への効果を比較した結果>
どちらも手汗専用に作られた商品で効果としては間違いなくあります。主成分も同じなので白黒付け難い商品です。

よって、あなたが何を重視するかで勝敗をつけて頂ければと思います。

⇨「即効性」で選ぶならファリネ

⇨「持続力」で選ぶならフレナーラ

どちらの商品を選んでも、最終的には手汗改善を目指せます。

【最終結果】敏感肌にはこれがおすすめ!

まずはここまでご覧頂きありがとうございました。

6項目で比較してきましたが、最終結果を発表して締め括りたいと思います。

最終的に当サイトとしておすすめなのは、






「ファリネ」です!!

今回の比較は手汗用制汗剤として売れているトップ1、2の比較だったので、相当難しいところでしたが「ファリネ」をおすすめとさせて頂きました。

必然的に当サイトNo1おすすめ商品にもしたいと思いますので、敏感肌で手汗に悩まれている方は、ぜひ「ファリネ」を使ってみてください。

肌トラブルなく、あなたの手汗の悩みを解消してくれる商品です。

⇨当サイト評価No1のファリネを購入

⇨敏感肌でも使える手汗制汗剤ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。