1. ホーム
  2. 手汗コラム
  3. ≫手汗とアルコールの関係とは?お酒はやっぱりよくないの?

手汗とアルコールの関係とは?お酒はやっぱりよくないの?

お酒を飲むと体が温まり、温まった体はそれを冷まそうと汗をかいてしまいます。

普段の生活の中では緊張や不安が原因で手汗をかくことが多いのですが、お酒を飲むと一気に血中のアルコール濃度が高くなり、手汗をかいてしまうのです。

お酒によって手汗のかき方が違う

アルコールにはカロリーがあるので摂取するとエネルギーとなります。エネルギーは「熱」を作るため、結果的に汗をかきやすくなるのです。ちなみに同じアルコールでもビールやワインは汗をかきやすく、焼酎やウイスキーなど蒸留酒は汗をかきにくいと言われています。

またお酒による発汗の場合、お酒と一緒に取る食事の内容によっても汗の出方が違ってきます。

チゲ鍋やタイ料理、四川料理などの香辛料が多く使われた料理は多汗症でなくても大汗をかいてしまいますが、このような料理とビールを合わせるパターンは最悪に手汗がひどくなります。

しかし、適度な量のお酒には自律神経を正常にする働きもあるのです。自律神経の異常は「ストレス」によっておこることが多いのですが、適度なアルコールの摂取で自律神経を正常にできれば、結果的に汗を抑えることも可能です。

お酒を飲むと汗をかくからという理由で無理に断酒をすることが一番良くないと言えるでしょう。

お酒は薬にも毒にもなります。

適度なお酒はストレス解消のためには良いのですが、毎日お酒を飲んでいると脳がいわゆるアルコール漬けの状態になってしまい、多汗となる可能性があります。

お酒を飲み過ぎるとベタベタした汗をかくことが多いのですが、これは飲酒によって上昇した体温により体内のミネラル分が多く排出されるからです。このベタベタした汗は蒸発しにくく、汗臭さの原因となります。

アルコール依存症とまでもいかない人でも、ほとんど毎日のようにお酒を飲んでいる人は自律神経に異常をきたし、手が震えるとか心臓がバクバクするといった症状とともに、汗が異常に出ることがあります。多量の飲酒と多汗は密接な関係があるようです。

お酒の量はあくまでもストレスを解散できる程度にしておきましょう。

潜在意識と手汗について

過去に飲み過ぎて汗をたくさんかき、着ていた服がビチョビチョになってしまったとか、酒席で恥をかいて手汗がとまらなかったなど苦い経験が潜在意識として残っている場合、何かの拍子にそのことがよみがえり汗をかく場合があります。

この現象はトラウマ的な要因が関係しているので、お酒を飲んでいない時にも発症します。

汗をかくことは決して悪いことではありませんが、お酒による汗は決していい汗ではありません。やはり普段から適度な運動をして良い汗をかくことも大切です。

結論、適度に体を動かすようにしながらお酒を楽しむのが1番理想的な形と言えるでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。